登山の記録(2016年) 


7月11日の登山の記録を紹介します。


2016.03.27



 7月11日    単独行

           タロンペさんのバースデー登山 白神岳

 
この日は山仲間タロンペさんの72回目の誕生日、72回目の白神岳登山をするというお話でした。この数字の偶然にはビックリ!
是非同行したいと思いましたが、所用があり山中でお会いできることを期待して、白神岳に行ってきました。
 所用を終え、9時能代出発。晴れているが、白神山地の稜線は雲の中。青森県に入ると曇天。駐車場には5台の車。秋田ナンバー以外に群馬、つくば。白神岳は全国区である。10時出発。登山届を提出し、登山道に入る。ぬかるんで滑る中を急ぐ。山頂は無理でも、できるだけ上部で会うために急ぐ。10時45分水場着。周囲は深いガス。こんな頑張っても通常より5分しか短縮していない。ガックリ。水を補給し、蟶山の急登へ。蟶山手前でガスの中に日が差して込んでくる。どんどん晴れ上がって青空も顔を出す。気をよくして先を急ぐ。11時10分蟶山分岐通過。日を浴びたブナがキラキラ輝いている。最高の気分。977m標高点手前の急登でチリンチリンという鈴の音。タロンペさんが下ってくる。お祝いを述べ、記念撮影。相変わらず、お元気である。あやかりたいものである。天気に恵まれ、ニコニコしている。10分ほどで別れる。ここからはゆっくり登る。2組の登山者とすれ違う。大峰分岐下部の急登からイブキトラノオ、ニッコウキスゲが表れる。12時20分大峰分岐着。今回も向白神岳、岩木山がお出迎え。稜線のお花畑はイブキトラノオとニッコウキスゲの共演。ピークは少し過ぎたか。12時40分山頂着。誰もいない。八甲田山、田代岳が見えるが、秋田県側は雲の中。今回は虫に邪魔されることもなくゆっくり昼食を食べる。快適だが、何となくけものの気配を感じるのは気のせいか。1時30分下山。お花畑を再度楽しんでどんどん下る。ガスが右の沢から尾根を越えて右の沢に流れ込んでいる。幻想的。千葉から来たという年配のご夫婦が下見に登山口まで上がってきている。3時30分、駐車場着。いつもより疲れないのは涼しかったせいか。ハタハタ館でお風呂、マンゴーソフトを食べ帰宅。
 予想以上に天気が回復し、イブキトラノオとニッコウキスゲを楽しめました。タロンペさんの記念すべき登山に10分間だけでしたが、お邪魔してしまいました。
 登り、蟶山分岐まで1時間10分、大峰分岐まで2時間20分、山頂まで2時間40分、
 下り、蟶山分岐まで1時間5分、駐車場まで2時間、総行動時間5時間30分でした。
   
 スタート時は深いガス やがて、ガスの中に日が差し込む 
   
日を浴びてブナが輝き始める   透き通ったブナの葉が美しい!
   
 ハッピーバースデー タロンペさん  沢からガスが沸く
   
ニッコウキスゲと青空  お花畑と蟶山尾根 
   
ニッコウキスゲ  イブキトラノオ 
   
 ニッコウキスゲとイブキトラノオ  山頂小屋と岩木山
   
遠く藤里駒ケ岳   見飽きない花畑
   
 気持ちのよい山頂の青空  ニッコウキスゲの群落
   
帰りはまたガスの中   キツリフネソウ





トップページへ 
inserted by FC2 system